初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の選び方  »  60代の資産運用

60代の資産運用

投資信託の選び方

60代以降では、退職金やそれまでに貯めた資金を確実に運用し、健康で楽しい老後生活を送る時期になります。

できるだけ預貯金の割合を高めると同時に、ある程度の利回り(年1~3%)を確保できる運用を行い、老後資金が足りないといった状況がないようにプランをたてましょう。

年金+預貯金が基本!あとは年間2-3%の利回りを確保

60代以降では、リスクをできるだけとらず、安全運用がメインとなります。

もっとも好ましいのは預貯金と年金で老後資金がすべてまかなえることですが、ある程度の利回り(例えば1~3%)を目指す必要がある場合には、預貯金と併せて比較的リスクの低い債券型の投資信託をメインに運用していくスタイルを取るべきだと思います。

なので、元本割れのリスクも少なく、外国為替の影響を受けない国内債券を多く組み入れたポートフォリオにしてみました。

おすすめ銘柄紹介

国内債券

【MHAM物価連動国債ファンド】
運用会社 みずほ投信投資顧問
純資産 47.8億円
償還日 無期限
分配金再投資コース あり
手数料 なし
信託報酬 0.63%

【DLIBJ公社債オープン】
運用会社 DIAMアセットマネジメント
純資産 288億円
償還日 無期限
分配金再投資コース あり
手数料 なし
信託報酬 0.42%

資料請求・口座開設はこちらをクリック

※上記はあくまでも筆者の見解であり、資産形成の助けとなる情報を提供するものです。投資の推奨・勧誘を行うものではありません。投資は自己責任でお願いいたします。投資信託の購入に際しては、必ず目論見書を十分に確認した上でご検討ください。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop