初心者もできる!投資信託

ホーム  » 解約について  »  含み損が出た場合、解約するか?

含み損が出た場合、解約するか?

解約について

含み損は長期投資の視点を持って判断

含み損が出たからといってすぐに解約することは間違いです。一度も含み損を出さずに投資を行っている人は稀です。まずは現状の投資状況を確認し、今後リターンが期待しにくいと判断できるのであれば解約するのも一つの手です。長期で積立投資を行っている場合においては、ドルコスト平均法によるリスク軽減の恩恵が受けられるため、新興国など成長が期待でき、かつ割安だと思われるのであれば私であれば損切りせず積立投資を継続します。

毎日の値動きに一喜一憂するな

投資信託は短期の値上がり益を追求するための金融商品ではありません。あくまでも長期で資産形成を行うための手段と私は考えています。そのため、ちょっとやそっとの損が出たからといって解約するのは大間違いです。

ただし、金融危機のように、株価が大暴落することもあります。購入した後で損が出た場合、経済状況がどうなのか、買ったタイミングが悪かっただけなのかなどを確認してみてください。もし投資するような状況でないと判断した場合には解約したほうがよいでしょう。例えば、下がった値段でも買いたいと思わなければ私なら解約します。

逆に下がった値段で安いと思うのであれば、私なら追加購入して投資単価を下げます。これは「ナンピン買い」といわれる手法になりますが、そのうち上がると思われるのであれば安い時に追加購入しておくのはリターンを高めるための良い投資手法だからです(下図参照)。

含み損が出た場合・・・

一つポイントとしていえるのは、「毎日の値動きを見て一喜一憂しない」ということでしょう。毎日上がり続けるような金融商品はありません。上がる時もあれば下がる時もあります。経済状況が悪くないのであれば、毎日の値動きに左右されることなく、最初に購入すると決めた時の信念を曲げずに長期投資を心がけてみてください。

新興国の成長の恩恵を受けるなら積立投資を

リスクの高い投資信託の一つに、新興国に投資を行う投資信託があります。こうした投資信託では、買った次の日には大きく下がったという話や逆にすぐに上がって売って儲かったという話をよく聞きます。つまり、基準価額は日々大きく変動するのが新興国に投資する投資信託の特徴といえます。

長期で見ればリターンは大きい!?

しかしながら新興国の成長は著しいものがあります。リスクが高いため、初心者や年配の方にはおススメしませんが、積立投資を行う場合にはたとえ投資期間中にマイナスになることがあっても長期で見ればリターンが得られる可能性が高いといえます。

したがって、長期投資でドルコスト平均法によるリスク軽減の恩恵が受けられる場合で、新興国など成長が期待でき、かつ割安だと思われるのであればたとえ含み損が発生したとしても私であれば損切りせず積立投資を継続します。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop