初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託Q&A  »  販売会社が倒産したら投資信託はどうなる?

販売会社が倒産したら投資信託はどうなる?

投資信託Q&A

証券会社や銀行が万が一倒産した場合

証券会社や銀行が万が一倒産した場合において、私たちが保有する投資信託はどうなるのでしょうか。
結論からいえば、金融機関の破綻による投資家の資産への影響は原則ないといえます。
また、投資信託の保管や管理を行う信託銀行が破綻したとしても、投資家の資金が戻ってこないということはないように設計されています。

なお、投資信託は証券会社に投資をしているわけではないため証券会社が倒産しても大丈夫ですが投資先の企業が倒産した場合は損益を被ることになります。

投資信託の仕組み

投資信託には、販売会社、運用会社、保管・管理会社と複数の会社が関わり、それぞれが役割を分担することで仕組みが出来上がっているといえます。

投資信託を販売する販売会社(証券会社や銀行など)、商品設計や投資の指示を行う運用会社(投資信託委託会社)、運用会社からの運用指図にしたがい、株式や債券の売買や保管・管理を行う保管・管理会社(信託銀行)、これら3者がすべて整わなければ投資信託の運営・運用はできないのです。

投資信託の仕組み

なぜ業務を分担?

それではなぜ業務を分担しているのでしょうか。これは、投資家の資金の安全性を確保するためになります。

証券会社や銀行といった販売会社や、一般的に投資信託委託会社と呼ばれる運用会社が万が一破綻した場合においても、販売会社や運用会社の資産とは別に保管・管理を行う信託銀行に投資家の資産は保管(分別保管といいます)されているため、破綻による投資家の資産への影響は原則ないといえます。

仮に分別管理に不備があり、投資家の資産返却に支障が発生した場合においても、一人あたり1,000万円までは保護される体制になっています。

保管・管理する信託銀行が破綻したら

では、信託銀行が破綻した場合にはどうなるのでしょうか。この場合においても、投資家の資金は運用会社の許可がない限り動かせないこととなっており、実際には別の信託銀行に移管されるか償還され投資家に資金が戻ってくることとなるため、破綻した場合でも投資家の資金が戻ってこないということはないように設計されています。

保管・管理する信託銀行が破綻したら

投資信託は商品自体の安全性が確保されている点が大きな特徴でもあり、投資家を保護する仕組みが整っているといえるのです。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop