初心者もできる!投資信託

ホーム  » おすすめ書籍紹介  »  投資信託おすすめの本紹介

投資信託おすすめの本紹介

おすすめ書籍紹介

巷には多くの投資信託に関する書籍が発売されています。その中には初心者向けから中・上級者向けまで様々あり、千差万別です。皆さんが今読まれているこのホームページを参照されるだけでも十分ではありますが、ここでは初心者にも読んで理解できる、しかも実際に投資信託を購入する際に参考となる本を6冊ほど掲載したいと思います。

モーニングスター著、北尾吉孝総監修 『成功する投資信託の選び方2009年度版』(高橋書店)

『成功する投資信託の選び方2009年度版』

この本は、図解が多く、初心者にも読みやすく構成されています。投資信託の仕組みから投資信託の選び方、情報収集の仕方まで、これ一冊で投資信託の基本的な事柄はすべて理解できるといってよいでしょう。
一つ指摘するならば、この本は2008年6月に発行されているため、掲載されている情報が少し古いのが難点ではあります。そのため、個別の投資信託の情報を知るには少し物足りないかもしれません。
投資の仕方などを初めて学ぶには適している本ではないでしょうか。

竹川美奈子著 『投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方』(ダイヤモンド社)

『投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方』

この本は、買ってはいけない投資信託を中心に記載されており、初心者が金融機関に言われるがままに投資信託を購入することに警鐘をならしています。この本を読めば、投資信託の賢い買い方がわかるようになると思います。
一つ指摘するならば、この本も2007年に発売されていることもあり、税制部分などで時代に合っていない部分が記載されていることです。その点は留意してください。
金融機関に頼らず自分で資産形成を行いたい人に読んでいただきたいと思います。

朝倉智也著 『投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ランダムハウス講談社)

『投資信託選びでいちばん知りたいこと』

この本は、初級者~中級者向けの本になります。モーニングスターのホームページを使いながら購入候補となる投資信託の銘柄の探し方や購入後のチェックをどうやったらよいかといったことまで、詳しく書かれています。投資信託をもっと詳しく知りたい、本格的な運用を行いたい方には最適な本だと思います。
一つ指摘するならば、かなりしっかり書かれているので、初心者にはちょっと用語が難しいものも記載されています。最初に読む本としてはちょっと早いかなと思います。
投資信託関連の本を数冊読んで、ある程度基礎的なことを理解したうえで読まれるとよいと思います。

中桐啓貴著 『株・投資信託、いま損を抱えている人の投資の処方箋』(クロスメディア・パブリッシング)

『株・投資信託、いま損を抱えている人の投資の処方箋』

この本は、既に投資をされていて、損を抱えている人向けに書かれていますが、初心者でもかなり参考になると思います。
なぜならば、損を抱えることになった場合の対処法などが記載されている点や、投資で成功されたファンドマネージャの考え方、どういった場合に株・投資信託は売却すべきかなどが書かれているためです。心理学的な要素も含まれているためか、読みやすい本となっており、勉強になると思います。
比較的発行が新しい本の中では面白い本だと私は感じています。

ご自身にとってどのような内容が読みたいのかを明確にしたうえで、上記4冊のうち、1冊でも読まれると参考になると思います。

中野晴啓著 『投資信託は、この8本から選びなさい』(ダイヤモンド社)

この本は、セゾン投信の代表取締役社長である中野晴啓氏が、投信託初心者の方を対象に書いた本です。
長期投資のプロである中野氏が投信を選ぶ際に重要な判断基準を述べており、その判断基準でスクリーニングを行った結果、残った8本の投信を買いなさい、という驚きの内容になっています。
とても読みやすく書かれているので、投信の購入で悩んでいる方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

カン・チュンド著 『忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術』(アスカビジネス)

この本は、投資信託の特徴の一つでもある「積立て投資」に焦点を当てて書かれた本です。カン氏はこの本の中で、『日本人はコツコツ型なので、「大きく動かす」ことより「小さく続ける」ことが大事である』と述べていますが、これは日本人のメンタリティーに起因するものらしいです。
その他にもポートフォリオのパターンの紹介や、Q&Aコーナー、ネット証券のサービス比較等盛りだくさんの内容になっています。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop