初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の選び方  »  ブラジルの投資信託で海外投資

ブラジルの投資信託で海外投資

投資信託の選び方

投資の配分

BRICsの一角を占めるブラジル。2014年にはワールドカップが、2016年にはオリンピックが開催されるのが決定し、世界中から注目の的となっています。オリンピック開催が決まったことで、ブラジル政府は2010年~2013年に日本円で約32兆円のインフラ整備を行うことを表明。このことはブラジル経済の成長を著しく高めるものと思われます。

このような成長性が見込めるブラジルに投資する投資信託は日本でも発売されています。ただし、ハイリスクハイリターンな側面があることを忘れずに。

世界有数の資源国

ブラジルの国土面積は約851.2万平方キロメートルになります。これは日本の約22.5倍であり、世界第5位の広さを持ちます。これだけ国土が広いとコーヒーやオレンジなどの農産物や鉄鉱石などの鉱物資源が生産量世界一というのもうなずけます。そう、ブラジルは世界でも有数の資源国であり、今後の経済成長が見込める新興国を代表する一国なのです。

brazil

豊富な労働力と拡大する経済に期待

ブラジルの人口は約1.9億人と世界第5位であり、豊富な労働力が経済発展を支えています。しかも2016年のオリンピック開催国となったことで、インフラ整備も拡大、経済大国への道を着実に歩んでいます。

個人の所得も向上しており、また金利の低下により個人消費も活発化しています。2050年にはGDP比で世界第4位になるという予測もされており、南米の雄ということがいえると思います。

日本でもブラジル企業に投資する投資信託が販売されている!

将来性が見込めるブラジルの企業に投資する投資信託は日本でも発売されています。また、ブラジルの株価指数『ボベスパ指数』に連動する上場投資信託(ETF)で運用する方法もあります。ブラジルの企業に直接投資する個別株やADR(米国預託証券)を購入して投資を行う方法もできますが、ハイリスクハイリターンの側面も考慮すると、投資信託による投資から始めた方が分散投資も行えるためリスクを低く抑えられるといえます。なお、投資を行うとしても、くれぐれも余裕資金の一部による運用とするなど自分自身でルールを決めて行うようにしましょう。

上場投資信託 東京証券取引所に上場している『NEXT FUNDS ブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信』(銘柄コード:1325)
主な投資信託 HSBC ブラジルオープン
BNPパリバ・ブラジル・ファンド
ダイワ・ブラジル株式ファンド
UBS ブラジル株式ファンド
UBS ブラジル・レアル債券投信
ダイワ・ブラジル・レアル債オープン
ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)

ブラジルのおすすめ投資信託は
→HSBCブラジルオープン、新興国公社債オープン(通貨選択型)

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop