初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託Q&A  »  購入先の金融機関は統一すべき?

購入先の金融機関は統一すべき?

投資信託Q&A

販売会社を一つに絞ることにもメリットはありますが、バラバラにすることにもメリットがあります。ここではそれぞれのメリットについて話したいと思います。

統一するメリット

・管理しやすさ
金融機関が一つであるほうが複数の商品を保持する際に管理がしやすいです。

・手数料
販売手数料が安いところであれば複数の販売会社で投資信託を買うよりも一つの販売会社で複数購入したほうが販売手数料は安く済みます。

バラバラにするメリット

・独自のサービス
証券会社がキャンペーンなどで手数料なし等のサービスを行っている場合はそれらを利用することで金融機関を統一するより得をするかもしれません。

・良いアドバイザー
一つの金融機関に固執せずにいくつかの金融機関で管理することによって良い投資のアドバイザーに出会える可能性は高くなるかもしれません。たとえばA社をずっと利用していたが、B社の話を聞いてみたら良い投資のアドバイスをしてくれたので、B社も利用してみよう、といった様な感じです。
いずれにせよ、複数の金融機関を利用するだけのメリットがある場合であれば一つの金融機関のみを使用する必要はないといえます。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop