初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託Q&A  »  確定拠出年金って何?

確定拠出年金って何?

投資信託Q&A

確定拠出年金とは個人の口座に毎月一定の金額を積み立てていき、その元本とそれを運用してできた利益を個人の年金とする制度のことを指す。
アメリカの確定拠出年金はアメリカ歳入法401k項に記されているため日本版401kとも呼ばれます。

確定拠出年金って誰が使っているの?

確定拠出年金は、主に企業年金として使われています。
企業が従業員の口座に一定の金額を振り込んでいき、どのように運用するかは従業員に任せます。
また、企業年金のない自営業者が確定拠出年金を利用する場合もあります。
運用次第では他の人よりも巨額の年金を得ることができるのがこの確定拠出年金の大きな特徴です。

投資信託とどう違うのか?

確定拠出年金では、企業から振り込まれた資金を運営するのに投資信託などが用いられる場合もあります。
つまり、同じものといえば同じですが、投資の手法の1つとして存在しているわけではありません。
掛金には限度額があり、企業が導入する場合、他の企業年金制度を導入していないならば、月51000円までは掛金が非課税扱いとなります。

確定拠出年金のメリット

・運用次第で資産を大きく増やせる
これがもっとも大きなメリットといえるでしょう。
通常の年金制度(確定給付型年金)であれば積立額に応じた額しか受け取ることができません。
もちろんそれが通常の年金制度のメリットではあるのですが、今の年金制度が果たしてその役目を果たせるかどうかということを考えると少し不安な面もありますよね。
確定拠出年金の場合は「積立額+運用で得た資金」が年金となります。

例えば、同じ年令で入社して、給料も同じである2人の社員がいたとします。2人が同じ額だけ年金を積み立てていても、運用の結果次第では2人が退職後に受け取る年金の額は大きくちがってくるのです。

年金の受給額が予め決まっている年金制度よりもなんだか希望がありますよね。すべては自分の工夫次第です。

・積立金残高が明確にわかる
確定給付型年金の口座は個人によって管理されるものであるので、自分が今までいくら積み立てたのかを正確に確認することができます。

・税制上、優遇措置を受けられる
掛金の拠出時には所得控除を受けることができます。
他にも、運用期間中の運用収益は非課税扱いになりますし、年金受給時には公的年金等控除を受けることができます。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop