初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の種類  »  公社債型投資信託とは

公社債型投資信託とは

投資信託の種類

リスクを低く安定的に収益を得るなら債権がおすすめ

日本債券に投資する投資信託は、日本株式や海外株式、海外債券などに投資する投資信託の数と比較して少ないといえます。公社債に幅広く投資するインデックス型のものが多く、その他として物価連動国債や通常の国債に投資する投資信託もあります。

債券は株式よりも通常はリスクが低いといえ、そのため高リターンは望めません。
ただし、安定的な収益を得るという意味では一つの選択肢として考えられます。リスクはあまり取りたくないけども普通預金よりはリターンを得たい方や退職金の運用の一つの選択肢などとして考えられるのはよいかと思います。

特徴

・買い付け時に手数料がかからない
公社債型投資信託は購入する際に手数料がかかりません。しかし、換金時には手数料がかかります。

・中長期の運用に向く
大きな利益が得られない代わりに大きく損をする恐れも少ないため中長期の運用に向いています。なお、短期で解約すると手数料の関係で元本割れすることがあるため注意が必要です。

メリット

・元本は基本的にそのまま返ってくる
債券を買うことというのは簡単にいえば国や企業にお金を貸すということです。
よって返済日が来たら、国や企業からちゃんと貸した分のお金は返ってきます。
つまり、企業が倒産したりしたらお金が返ってこないこともありますが、債券は株式に比べれば圧倒的に損をする確率が低いといえます。
(ただ、投信は入れ替えたりもしたり、金利の変動により、債券価格の変動で損失を受ける場合もあります。)
これが公社債型投資信託のメリットです。

デメリット

・高い運用効果は期待できない
公社債型投資信託の場合、基本的にリターンは決められた金利でしか返ってきません。
仮に社債を買った企業の業績が伸びたとしても、金利は増えません。

インデックス型が中心

「日本株式に投資する投資信託」には、インデックス型やアクティブ型があるといいましたが、日本債券に投資する投資信託にも両方のパターンの投資信託が存在します。ただし、日本株投信と異なり、日本債券に投資する投資信託の大半がインデックス型になります。主に、インデックス指標で採用されている公社債に投資するものが多いといえます。

日本国債に投資する投資信託もある

日本債券に投資する投資信託の中には、日本国債をターゲットにしたものもあります。毎月積み立てて運用していく方にはこうした日本国債に投資する投資信託を購入されるのも一つの運用方法としてよいかもしれません。

尚、通常個人では購入することができない物価連動債に投資する投資信託も販売されています。物価連動債とは、元金額や利払い額が物価の動きに連動する国債であり、インフレリスクを回避するための金融商品として組成されました。こうした特徴のある債券に投資する投資信託を購入されるのもよいかもしれません。

日本債券に投資する投資信託の主な例

  • 三菱UFJ DC国内債券インデックスファンド(三菱UFJ)
  • すみしん DC日本債券インデックスオープンS(住信)
  • 野村 国内債券インデックスF<確定拠出年金>(野村)
  • 三井住友・DC年金日本債券インデックスF(三井住友)
  • (ダイワFW)日本債券セレクト(大和)
  • ダイワ 日本国債ファンド<毎月分配型>(大和)
  • DLIBJ 公社債オープン<短期コース>(DIAM)
  • MHAM 物価連動国債ファンド『愛称:未来予想』(みずほ) など

※(  )は運用会社

日本債券に投資する投資信託はコストが安い

日本債券に投資する投資信託のコストは通常はかなり安いといえます。販売手数料は0~1.05%ほど、信託報酬も1%未満が大半です。日本債券の場合、どうしても他の金融商品と比較すると低リスク低リターンになりがちではあるため、投資する際にもコストの面はよく見ておいた方がよいといえます。

筆者は、20代や30代前半のうちは、日本債券に投資する金融商品で運用する割合は低くてもよいと考えますが、安全志向の強い方やお子様をお持ちの方などで余裕資金の少ない方などであればこうした日本債券で投資する投資信託や日本債券そのもので運用する比率を高くする、もしくは預金と日本債券で投資する投資信託、または預金と日本債券でのみの運用にするなどとされるとよいかもしれません。

※上記はあくまでも筆者の見解であり、資産形成の助けとなる情報を提供するものです。投資の推奨・勧誘を行うものではありません。投資は自己責任でお願いいたします。投資信託の購入に際しては、必ず目論見書を十分に確認した上でご検討ください。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop