初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託Q&A  »  外国株式や外国債券に投資する投資信託の基準価額はどうなっている?

外国株式や外国債券に投資する投資信託の基準価額はどうなっている?

投資信託Q&A

外国株式や外国債券に投資する投資信託の基準価額はどうなっている?

外国株式や債券に投資する投資信託の場合、購入した日の次の日(新聞では2日後)に公表される基準価額(投資信託の1口当たりの時価のこと)が買った(もしくは売った)値段になります。基本的に為替ヘッジをしていない投資信託に関しては、外国の株式や債券の価格変動以外に、為替の変動の影響も受けることとなります。

株式や債券の価格の変動だけでなく為替の変動も影響する

外国株式や債券の場合、どうしても投資する際には現地の通貨もしくは米ドルやユーロといった基軸通貨での運用になります。そのため、日本株式や債券に投資する投資信託では考える必要のなかった為替の影響も受けることとなります。

基軸通貨による運用

投資信託によっては、為替による影響を極力受けないようにする、いわゆる為替ヘッジを行うことで基準価額には影響させないようにしているものもあります。そういった為替ヘッジを行う投資信託の場合、現地の株式市場や債券市場における値動きが投資信託の基準価額に反映されます。為替ヘッジを行っていない投資信託の場合、現地の株式や債券価格の影響だけでなく為替の値動きの影響もうけるため、たとえ株式や債券の価格が上がっていたとしても、円高になっていれば損をしてしまう可能性もあります。
逆に株式や債券の価格が下がっていても、円安になったおかげでプラスになることもあります。

買った価格はその日には分からない

日本株式や債券に投資する投資信託の基準価額がその日の夜に分かるのに対して、外国の株式や債券に投資する投資信託の場合、基準価額にタイムラグが生じるため、通常次の日になるまで基準価額はいくらになるかわかりません。つまり、次の日になるまで買った(もしくは売った)値段がいくらかわからないのです。実際にいくらで購入(売却)したのか、買った(売った)基準価額が証券会社などの口座に反映されるのは通常買った(売った)日の2日後になります。

日本株式や債券に投資する投資信託は、原則として売買した日の次の日、外国株式や債券に投資する投資信託は、原則として売買した日の2日後に販売会社などのHPに公表される基準価額が買った(もしくは売った)値段になることを覚えておきましょう。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop