初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の選び方  »  有名ファンドに共通するリスク面の特徴|国際分散投資+低手数料

有名ファンドに共通するリスク面の特徴|国際分散投資+低手数料

投資信託の選び方

ファンド選びには多くのページを割いていますが、ここでは今主流になっているファンドに概して共通する注目すべきポイントを2つとり挙げます。
ここで取り上げる条件としては、将来の不確実性を出来るだけ固定するという点からです。
つまり、市場の値動きなどの変動リスクは均質化しようと試み、運用状況の良し悪しにかかわらずかかる手数料のコストは基本的に抑えることで、
全てにかかる費用を極力一定にして把握しようとする考え方です。

世界に幅広く投資していること


 基本的に幅広く分散するほど、リスクを抑制することが出来ます。
 日本だけに投資すると日本経済と運命共同体になってしまいますし、例えばブラジルだけに投資するとブラジル経済と運命共同体になってしまいます。為替リスクを嫌う方もいると思いますが、20年程度投資するのであれば、短期的な為替の変動はある程度相殺されると考えて構いません。
 いろいろなファンドを組み合わせる形でも構いませんが、1本でバランスよく政界に投資できるファンドもありますので、手間をかけたくない人にはこちらがおすすめです。 。

 

手数料が低めであること


 投資信託は少ない金額から幅広く投資が出来る反面手数料がかかります。この手数料は価格が上昇しても下落しても常に発生し、パフォーマンスにマイナスの影響を与えます。投資の場合どれくらいのリターンであるかは事前にわかりませんが、手数料は事前にわかります。よく調べて、高すぎる手数料を払わないように注意しましょう。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop