初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の基礎知識  »  投資信託の仕組み紹介-3分でわかる投信ガイド

投資信託の仕組み紹介-3分でわかる投信ガイド

投資信託の基礎知識

このページでは、投資信託の仕組みを簡単に説明します。 投資信託は、投資家・運用会社・信託銀行・販売会社がそれぞれ役割を分担することで、厳正かつ、効率的な運営が行われています。仕組みを簡単に図示すると以下のようになります。

投資信託仕組み

販売会社

販売会社は投資家と投資信託をつなぐ「窓口」の役割を果たしています。また、投資信託に関する質問や相談も受け付けています。投資信託の販売や換金、分配金の支払い等は証券会社や銀行、郵便局などの販売会社を通して行われます。楽天証券などはこれにあたります。

運用会社

投資家が購入した投資信託を実際に運用する役割を担っています。運用会社では常にグローバルな視点から、経済情勢、金融情勢などの様々なデータを収集・分析します。その分析したデータをもとに専門家がノウハウを駆使して、信託銀行に対して投資信託の運用の指示を行います。

信託銀行

投資家から預かった資産を厳重に保管・管理する役割を果たしています。投資家から預かった資産と自行の資産とは区別して保管・管理することが法律で義務付けられています。そのため、万が一信託銀行が破綻したとしても、信託資産に影響はありません。もっと言ってしまうと、投資信託は販売会社がつぶれても運用会社がつぶれても資産が0になることはありません。また、それとは別に、運用会社からの指示に従って、株式や債券等の売買や管理を行っています。


以上が投資信託の簡単な仕組みです。次のページでは、投資信託のメリットについて説明します。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop