安定運用,積極運用

ホーム  » おまけ  »  100万円あったらどんな投資信託に投資すべきか?

100万円あったらどんな投資信託に投資すべきか?

おまけ

今、手元に100万円あってそれを投資するとしたらあなたはどこにどれくらい投資しますか?

このページでは、投資の専門家が考える「100万円の分散投資の組み合わせ」をインタビュー形式で紹介します。

ただし、あくまでもサンプル例です。「人と状況」によって組み合わせ方は異なりますのでその点はご留意ください。

大事なのは自分にとってのリスクを考えるということです。

ポートフォリオ例

武藤:それではよろしくお願いします。

専門家:宜しくお願いします。まず、私が考えるポートフォリオは下記のようになります。

まず考えるのは、どれくらい外貨のリスクを取るのか、ということです。

武藤:なるほど。具体的にはどのようなことですか?

専門家:現在日本は知っての通り円高です。この円高を怖いと思う人もいれば、逆に円高なのでより外貨のリスクを取っていこうと思う人もいます。

ただ、内藤元さんの本にも書いてありましたが、最低限3割くらいは外貨を持ちましょうということで、まず外貨3割、国内7割にしました。

武藤:なるほど。

外貨のポートフォリオについて

専門家:次にこの3割の外貨をどうするか考えます。

私は現在の世界経済に不安を感じているので、債券を多めに組み入れました。なぜ、債券を多めにしたかというと、経済が悪くなるときに債券の値段は上がるからです。不況だと金利が下がりますよね?金利が下がるってことは、裏を返せば債券の値段があがるということなんですよ。

武藤:なるほど。金利と債券の値段は逆相関ということですね。

専門家:そうです。なので、外貨のうち7割から8割くらいを外国債券にして残りの2割から3割を外国株式にしました。

利回りで比べれば債券の方が株式よりも低いです。格付けAAAの債券でも年間平均利回りは7%くらいです。

武藤:そうなんですね。

専門家:ええ。一方、株式の水準を見てみると、新興国株式はリーマンショック後、大幅に値下がりしましたが、その後復帰し、まだまだ高値圏にいることがわかります。以下のHSBCブラジルオープンの図を参照。

そして、その後外国債券の中で、今度は新興国なのか先進国なのか、先進国+新興国なのかを決めていきます。

今の経済状況だとむしろ先進国の方が危ないですよ。相次いで格下げが起こっているので、必ずしも先進国がいいとは一概には言えないと思います。

そんな中で私が勧めるのはこれです。

明治安田アセットマネジメントが出している【高金利国際機関債ファンド】

とにかく今は国際派の時代なので、世界銀行などの国際機関を個人的にはとりあえず勧めたい。

ですので、まずは資産の25%程度は国際機関系の外国債券にしました。

残りの5%は株式やREITを考えてほしいです。

武藤:REITっていうのは不動産投資信託のことですよね。

専門家:その通りです。


国内投信の組み合わせについて

専門家:あとは、残りの70%を日本の中でどのようにして組み合わせていくのか考えましょう。

武藤:はい。

専門家:例えば、単位型の、あるいはそのものの社債はおすすめです。あとは社債を投資信託化したものもおすすめです。

しかし、【ニッセイインカムオープン】のような利回りの低い投信はだめです。

武藤:それはなぜですか?

専門家:あくまでも利回りを見ないといけません。なのでここは国債の利回りとの比較や自身のリスクとの比較をした上で選ぶようにします。

武藤:見るべき大事なポイントは利回りということですね。

専門家:あとは絶対潰れるのがいやだって考える人がいるならば、劣後債を買うっていうのも一つの手段としてあります。
劣後債の三菱東京UFJや三井住友などのメガバンク系はまず潰れないと言っていいでしょう。それでだいたい利回り2%くらいです。ですので預金よりはましかな、という程度です。

武藤:劣後債ですか。初めて聞きました。

専門家:しかし、結局のところ、現在日本はこんなに円高なのだからもっと外貨を増やして4割くらいに引き上げてもいいかなとも私は思います。

つまりこんな感じです。
あとはブラジルに強気であれば【通貨選択型 新興国公社債オープン】のレアルコースもいいかもしれません。

武藤:それはなぜですか?

専門家:年間でだいたい14%くらい利回りが出ています。為替がほとんど横ばいで年間14%利回りが得られるってことは、日本円で14%持っているのと同じですからね。また、ブラジルは今後ワールドカップ・オリンピック開催まで相当資金需要が入ってくるから、ブラジルに強気な人は攻めてみるのもいいかもしれません。

武藤:たしかにワールドカップの特需はすごいですもんね。

専門家;ええ。あとは、株式の場合は短期的に下がりすぎたら買って、上がりすぎたら売ってというのを繰り返すのも一つ手かもしれません。

あとはETFJ-REITも面白いかもしれません。これらを組み合わせていきます。

武藤:なるほど。

専門家:J-REITはやはり地震に対する懸念があるのか、あまり盛り上がってないみたいですけど、最近では金融緩和の一環で日銀が買い上げてきているので少し話題になっていますね。また不動産に対して投資するので、建物や施設が好きな人には人気ありますよ。例えば色々なオフィスビルやショッピングモールがあって、自分はそこの大家さんの一部なんだ、ってことに喜びを感じて投資する人もいます。

武藤:大家の一部になれるっていいですね。私自身も不動産にすごい興味があるので、J-REITにすごい魅力を感じてきました。

専門家:まあそんな感じですね。

武藤:わかりました。本日はどうもありがとうございました。



投資をするなら多くの商品から選びたい・・・・・・そんなあなたにオススメ
J-REITやETFも取扱う、投資信託の取扱い本数がネット証券で最多の楽天証券については、こちら!

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop