初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の種類  »  外貨建てMMF(マネーマーケットファンド)について

外貨建てMMF(マネーマーケットファンド)について

投資信託の種類

外貨建てMMF(Money Market Fund)とは日本国内で売買できる外貨商品の一つで、ドルやユーロなどの外貨で運用する投資信託を指します。

メリット

・手頃に始められる
1000円という少ない額から投資を始めることができます。

・リスクが少ない
少額の投資から始められるうえに、値動きの少ない社債や国債へ投資を行うためリスクが少ないです。また、外貨を基準にしてこれまで一度も元本割れをしたことがありません。

・税金が少ない
外貨建てMMFは他の外貨商品よりも税金面で有利です。

・手数料が少ない
外貨建てMMFは外貨預金に比べて手数料が少ないです。たとえば為替手数料はかかりますが、マネックス証券や楽天証券、SBI証券は売買手数料がかかりません。

・金利が高い
運用成績によっては分配金が発生するためリターンの多い商品だといえます。さらにその分配金は元本に加えられるため複利効果によるさらなるリターンを期待することができます

デメリット

・元本は保証されていない
外貨建てMMFも基本的には投資信託であるので元本の保証はされていません。しかし既に述べたとおり、外貨建てMMFが元本割れをしたことはありません。

・為替相場の変動によるリスクがある
外貨商品であるため避けられないリスクです。円高になってしまった場合は為替差損が発生してしまいます。

税金について

外貨預金に投資をしている時、為替差益が出た場合の利益は雑所得扱いになるため金額によって確定申告する必要があります。
しかし外貨MMFの場合であれば為替差益は不課税扱いとなり、確定申告が必要ないため税金面で有利であるといえます。
ただし、為替差益が不課税の扱いになるのは円から直接外貨建てMMFを買う場合のみです。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop