初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託Q&A  »  分配金を再投資に回すべきだというのは本当?

分配金を再投資に回すべきだというのは本当?

投資信託Q&A

分配金は再投資に回す方が得?

分配金は再投資に回したほうがよいとはいってもそれは100%絶対というわけではありません。
たとえば買った商品の価額が大きく下落して、損切りをせざるをえなくなった場合、月々いくらか分配金を受け取っていればある程度損益を抑えられたかもしれません。
しかし分配金を再投資するのとしないのとでどちらが得かといえば個人的には再投資をしたほうが得だと思います。
分配金を出す投資信託には根強い人気があります。かくいう筆者も初めて購入した投資信託は外債に投資し分配金を多く出すものでした。分配金の利回り換算は外債に投資する投資信託ですと5~7%ほどになるものが結構あります。この利回りが魅力的ということで購入される方が多いようです。

ただし、分配金を受け取るということは、元本を取り崩すということです。運用資産の中から分配金は拠出されるわけですから、元本の取り崩しによる運用資産の目減りは利益を減らします。
また、分配金を受け取ると税金がとられますから、分配金を受け取らずにそのまま運用していたほうが長期的には効率的な投資になるのです。したがって、分配金を受け取ることは長期投資をする観点からは好ましくないといえます。 また、分配金は常に一定に支給されるとは限らないことも覚えておきましょう。

再投資できる有名な投資信託『グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)』

ほとんどの金融機関で販売されている『グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)』(通称、グロソブ)。投資金額に対する分配金の割合が高いため、日本で最も売れている投資信託として有名です。

年金の足しに、もしくは生活資金の一部として、分配金を毎月受け取ろうとお考えの方にとって、こうした毎月分配型の投資信託は非常に重宝されることと思います。私は分配金を目的に投資信託を購入するのも一つの方法だと常日頃お客様にもお話ししていますが、20代や30代といった若い世代が分配金を受け取ることを目的として投資されるのは「もったいない」ともお話ししています。なぜならば、分配金を受け取る分、基準価額は下がることとなり、長期投資を中心に考えるべき若い世代には分配金を受け取るような投資信託に投資をすることは最適な投資方法ではないと考えられるからです。

とはいっても、利回りを考えたらグロソブのような金融商品に投資したくなる気持ちもわかります。そのため、こうした分配金を出す方針の投資信託を購入する場合、分配金を再投資する方法で購入されることをおススメしています。上記で見たグロソブなんかは分配金の再投資が可能な投資信託の代表例といえます。

分配金を再投資することで複利効果が得られる

分配金を再投資(再度同じ投資信託にて運用すること)することで、利息が利息を生む複利効果を得ることができます。つまり、分配金を受け取るよりも、分配金を投資に回した方が、長期で見た場合の運用成果は良くなるのです。

それが顕著に見られるのがグロソブになります。グローバルソブリン(毎月決算型)の分配金を毎月受け取った場合と分配金を再投資した場合の違いを表したのが下記図表になります。


収益分配金と基準価額等の推移
※引用:国際投信投資顧問HPより
http://www.kokusai-am.co.jp/news/pdf/090917_11.pdf一部抜粋


グロソブが設定されてから2009年9月末日まで保有していた人がいたとしましょう。設定以来保有し続けた場合、分配金(課税前)は合計6,171円となり、基準価額は9月末日の場合6,307円なため、課税前分配金込みの基準価額は12,478円となります(上記図表では9/17の基準価額6,376円が記載されています)。この分配金を毎月再投資していたらどうなっていたでしょうか。分配金を再投資していた場合の基準価額は、13,738円となっており、実に10%ほども金額に違いが出てきています。これが複利効果と呼ばれるものです。

分配金は再投資した方が長期投資では効果が出ます。そのため、分配金の出る投資信託では、分配金は再投資する方法を選択された方が良いといえます。なお、更に言うならば、分配金は課税されるため、同じ商品であれば長期で見れば分配金を出さない方針の投資信託の方がリターンは高くなります。

分配金をもらわずに長期投資の効果を存分に得たい方には、ファンドマネージャーの運用方針が長期投資を心がけていること、課税を考慮して分配金を出さないことなどといった投資信託を選択される方が投資効率は良くなるといえるでしょう。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop