初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の基礎知識  »  目論見書とは-書かれている情報と見るべきポイント

目論見書とは-書かれている情報と見るべきポイント

投資信託の基礎知識

目論見書とは投資信託の取り扱い説明書のようなもので、投資信託説明書とも呼ばれます。重要な情報がたくさん書かれているので、必ず目を通さなければいけない書類です。以下は、野村アセットマネジメント社の投資信託「ノムラ・ジャパン・オープン」の目論見書の一例です。


書かれている情報

目論見書には主に以下のような情報が記載されています。

・ファンドの概要
信託期間や決算日などの基本的な情報
・ファンドの特色
ファンドの目的、どのような資産に、どのように投資するのか等
・留意事項
どのようなリスクがあるのか等
・運用実績
基準価額、純資産の推移、主要資産の状況、年間収益率の推移等
・手数料
販売手数料、信託報酬、信託財産留保額等

どこで手に入る?

目論見書は基本的に販売会社のホームページからダウンロードすることができます。また、販売会社の窓口で頼めばもらうこともできます。

最後に

自分の運用目的に合った投資信託を見つけるためにも、目論見書には目を通すことをお勧めします。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop