初心者もできる!投資信託

ホーム  » 投資信託の基礎知識  »  基準価額とは-口数と購入金額について

基準価額とは-口数と購入金額について

投資信託の基礎知識

基準価額とは、投資信託の1口あたりの価格のことをいいます。株式や債券など、その投資信託で運用される金融商品の価格の変動によって、基準価額は毎日変わります。

一般的に、投資信託が新しく設定される時には、基準価額は1口=1円で1万口=10,000円、もしくは1口=10,000円と設定される場合が多いです。設定後は、運用結果により、10,000円で最初設定された基準価額が5,000円になったり、20,000円になったりします。

基準価額は低い方が投資に有利?

同じような種類の投資信託において、基準価額(ある時点での、投資信託の1口当たりの時価のこと)がA投資信託は15,000円、B投資信託は7,500円であったとしましょう。

この時、一見、B投資信託を購入した方が安く購入できて有利にみえます。

しかしながら、こうした基準価額が低いからという理由だけで、投資信託を購入することは間違いです。基準価額が低いからといって投資に有利であるとは言い切れません。

基準価額は、設定時10,000円が基本

①日経平均が2万円の時に設定された日経平均連動型の投資信託の場合
設定時1万口=10,000円・・・図A地点
日経平均が1万円になってしまった・・・図B地点
この時1万口=5,000円(10,000円で2万口購入可能)・・・※1

②日経平均が1万円の時に設定された日経平均連動型の投資信託の場合
設定時1万口=10,000円
※①と②はどちらも日経平均は1万円。しかしながら基準価額は異なる。

→どっちがお得?

解答:どちらも同じ日経平均に連動する投資信託なので、基準価額が安いかどうかで比較しても意味がない。リターンは同じ。

証券会社おすすめ!ランキング

No.1

毎月の積立は5000円から!!

セゾン投信

No.3

サイトの使いやすさNo.1

マネックス証券

No.2

ノーロード銘柄数No.1!

楽天証券

No.4

選べる2つの格安手数料プラン

SBI証券

No.5

成長著しいアジア株へ投資!

ライブスター証券

pagetop